事故車を処分したいとき

事故車の買取事情について

危険がない事故車は買取が可能です

 

交通事故によって損傷を受けた自動車を事故車、と呼びますが、中古車査定業界の統一基準では
修復暦という言葉が存在します。

この修復暦というのは自動車の骨格部分を取り換えたり修繕したりした場合を指します。
言い換えると、自動車の骨格部分の修繕が必要なかった場合は修復暦なしとされ、一般的に
事故車と呼ばれたとしても、中古車流通においては全く問題がなく、買取の場合の価格への
影響は少ないです。

また、修復暦ありとされた事故車も、必要な修復が行われ、走行上危険がない状態であれば
使用上は問題ありません。

しかし、修復暦ありである時点で一般の消費者が不安に感じるのは当然ですし、
修復暦の無い中古車も多数出回っているわけですから買取価格はそれなりに下がってしまいます。

しかし、その分値ごろな中古車として、走行距離の長い車や年式の古い車と並んで
こういった修復暦ありの中古車を好んで狙う消費者も存在しますので、そういう需要を狙う
中古車業者による買取が可能となってきます。